吉田町の決断について

 ニュースで取り上げられているので、皆さんご存知だと思いますが、吉田町の夏休みが来年から16日間に短縮されるそうです。子どもたちからはブーイングが聞こえてきそうですが、保護者の意見は分かれそうですね。全国的にも吉田町のこの決断は注目されているようですが、他の自治体に波及することは必至だと思います。今回の決断で注目すべきは、吉田町長のトップダウンによる決断だったという点です。教育の政治不介入の議論は長年されてきましたが、地方教育行政の組織及び運営に関する法律の改定に従い、首長の教育介入が認められるようになりました。教育委員会だけではなかなか進まなかった問題も、首長の鶴の一声で実行される時代が来たのかもしれません。今回の吉田町の決断はその象徴的な出来事のように思います。私たち保護者はこのことを「朗報」と捉えるべきだと私は考えます。教育委員会の厚い壁にこれまで跳ね返されてきた保護者の声が、別の角度から届きやすくなったからです。これを大いに利用して、子どもたちの為に必要なことはどんどん訴えていきましょう。